2020年6月の日記

2020.06.24 Wed

物故者供養

6月16日に物故者供養の慰霊祭を守谷葬儀会館で行いました。

 IMG_1381

お忙しい中、人形供養でも有名な昌松寺の黒田住職にお越しいただきました。

CIMG8882

物故者とは、死んでしまった人のことで

当会館では亡くなった方々を一人ひとり大切にお見送りしていますが、中にはまだこの場に残りたい方、行く先を見失った方がいるかもしれません。物故者供養は、そういった成仏出来ない方、無縁仏、ありとあらゆる方々を供養するための慰霊祭です。

住職にご法話を頂きました。

近年家族葬や通夜を行わない葬儀が増えていますが、今年に入り新型コロナウィルスの影響で「火葬場の炉の前で少しだけお経をあげてほしい」という連絡が何度かあったそうです。

5分では故人様に引導を渡せないと嘆いておられました。

導師が渡す引導とは、故人様の生前での生き方や功績などを讃え、死の事実を認識させて、現世への執着を棄て、悟りの道へ進むように導くものです。

故人様が自らの死に向き合うための儀式でもあります。

 

近頃はインターネットでもいろいろと調べられますが、何でも略式にしてしまう前に「そうしてきた意味、理由」について考えるべきなのではないかと思いました。

その他にもいろいろな興味深いお話をしていただきました。

私たちスタッフ一同も日々勉強だと改めて感じます。

 

その後全員で焼香させていただき、故人様のご冥福を祈りました。

IMG_1384

2020.06.03 Wed

新型コロナウイルス対応 2020年6月3日

社屋のツツジも綺麗に咲き、気候も夏を感じさせるものとなって参りました。

 

新型コロナウイルスが世界中に影響を及ぼしています。

日本では緊急事態宣言が解除されたものの、まだまだ以前の日常生活には遠いと感じているこの頃です。

今日は我が社での対策についてご紹介したいと思います。

 

現在当社では

大きな空間で密を避ける対策として、葬儀の規模に関わらず大ホールでの葬儀を行っています。

 

まず、出入り口には手指消毒のための除菌ジェルを設置しております。

乾いた手に塗り込んでください。

また、非接触型の体温計も導入しております。

スタッフ一同も毎日体調や体温に配慮しており、マスク着用での対応をさせていただいております。

 

ご葬儀、告別式なども新型コロナウイルス感染拡大防止に配慮し、「三密」を避けるため、下の写真のように間隔を開けてお席を設けています。

ご葬儀、告別式なども新型コロナウイルス感染拡大防止に配慮し、「三密」を避けるため、下の写真のように間隔を開けてお席を設けています。

この他にも防護服の用意などをして、社一丸となって取り組んでおります。

これからも時代の変化に伴い、柔軟な対応をしつつも、大切な故人様との弔事をスタッフ一同でお手伝いさせていただきます。

一日でも早い収束を願い、皆様におかれましても、ご自愛のほど心よりお祈りしております。

私どもで何かお役に立てることがありましたら、遠慮なくお申し付けください。