2017.05.06 Sat

2017年5月6日

 

日中は汗ばむほどの陽気となり、夏が近いことを実感する季節となりました。

 

 好天に恵まれた今年のゴールデンウィーク、皆様楽しく過ごせれたでしょうか?

 

先日の天気の良い日には、倉庫の中やバスの掃除を行いました。

 

汗をかきながらピッカピカに磨き上げ、皆様の目に見えないところの掃除も

 

丁寧に行っています!

 

倉庫内の車や荷物を全て出したので、駐車場に並んだ車の様子もぜひご覧ください♪

DSC_1235

↑道行く人も興味深げにみていました。

DSC_1236

 

 

↑すべて車種が違います

CIMG7556

↑バスの上の掃除の様子、下からは見えませんが手を抜きません!

 

CIMG7555

 

 

 

2017.02.11 Sat

2017年2月10日

こんにちは。

寒が明けるといわれる立春も過ぎましたが、近頃は風が強く気温が

なかなか 上がらない日が続いております。

春というには少し早い気が致します。皆様どうぞご自愛ください。

さて、先月は仏式のご葬儀だけでなく神式のご葬儀を承りました。

神式のご葬儀は年間でもほんの数件しかありませんが、弊社では

神式用の祭壇も所有しており、多様な宗派に対応しておりますので、

お気軽にご相談くださいませ。

 

今後もご葬儀のお手伝い、精一杯努めて参ります。

2017.01.11 Wed

2017年1月11日

新年あけましておめでとうございます。

冬型の気圧配置で寒くなると朝の天気予報が伝えていました。

北側では大雪になったようですが、守谷は晴れ間が広がり日なたは暖かく感じました。

 

さて、本日は式中にはお見せできない大がかりな舞台裏の演出をご紹介いたします。

まずは、会館内の清掃作業です。

 ↓ 準備段階です。机の上にイスを置く作業は、学校でやった掃除を思い出します。

cimg7040

  ↓ カーペット床洗浄の様子。専用車両を使っています。

  cimg7049 cimg7062

 ↓ こんなに汚れています。

cimg7046

 ↓ 高所清掃の様子

 cimg7053

お客様に快適な時間を過ごしていただくために毎日のお掃除は欠かしませんが、

吹き抜けなどの高所や床材についた頑固な汚れは素人の手には負えません。

そんな時は、友引の日を利用してプロによる大々的な清掃を行います。

 

次に、庭木の植え替え作業です。

 ↓ 重機が登場します。

cimg7086

  ↓ 根から掘り起こし、新しいものに植え替えます。

cimg7085 cimg7095

  ↓ 完成です。内側からは右の写真のように映ります。

cimg7099 cimg7098

会館の周りに何気なく植えられている木々も

お客様の視覚にうったえる演出としての役割を果たしています。

会館のご利用のない方も、そばをお通りの際はぜひご覧になってください。

 

 

2016.12.01 Thu

2016年11月30日

こんにちは。

異常気象の雪が降って約一週間が経ちます。

まだ雪が溶ける前、お寺でのご葬儀がありました。

dsc_0759

とあるお寺の、とある観音堂。

dsc_0760

一昔前はお寺でのご葬儀か自宅でのご葬儀が一般的な時代でした。

それだけご近所や町内会、組合の繋がりが強かったんですね。

ご住職に伺うと、なかなかこちらの式場を使うことはないそうです。

檀家の方も高齢になり、世代交代をすると子供は守谷だけではなく各地に散らばっている。

お葬式用の式場もたくさんできているのであまり使う方はいらっしゃらないとのことでした。

dsc_0780

中はとてもきれいでした。手入れが行き届いています。

dsc_0785222

お寺でのお葬式は、普通の式場とは違う趣と緊張感がありました。

こうしたご葬儀のお手伝いも引き続き承っていきたいと思います。

 

もう12月です。

 

年明けの前に、皆さんお墓参りはお済でしょうか??

寒いと億劫になりますから、今のうちにいくのが良いかもしれませんね。

 

2016.11.24 Thu

2016年11月24日

おはようございます。

 

今日はとても寒いです。

東京では54年ぶりに11月に初雪が観測されたそうですね。

 

茨城の平野部とはいえ、守谷も雪がふっています。

cimg7181

cimg7182

cimg7183

雪降らないかな~と少し楽しみでした。

日が昇る前に気温に心が負けました。

早く止んでほしい・・・・

 

本日お仕事や用事で外出するみなさま、道路状況・電車状況注意して

怪我のないようにどうかお過ごしください!

2016.09.05 Mon

2016年9月5日

こんにちは。

残暑厳しい9月に入りました。

まだまだ暑い日が続きそうですね、今日も31°で湿度が83%!!

このあとしばらく雨模様になるとかならないとか。台風には要注意です。

 

さて、日本には様々な宗教的習慣があります。

8月にはお盆があり、3月と9月にはそれぞれお彼岸。

ナスとキュウリに割りばしを刺して牛と馬を作ったことがある人も多いのではないでしょうか。

これは仏教によるところの習慣にですね。

御葬儀での宗教も仏教が大多数を占め、お寺のお坊さんに拝んで頂くときに祭壇をお飾りします。

お寺の本堂の代わりになるものです。

祭壇は、お客様のご予算やセットコースに合わせてその時々でお飾りするのが守谷葬儀社スタイル。

祭壇をひとつだけ所有し、常設しているところが多いようですが、弊社ではお客様ひとりひとりのご要望にお応えする為、通常では考えられない

ほどの種類の祭壇を自社で完備しており、無限のパターンがご用意出来ます。

今月の初めに、数日を掛けてすべての祭壇の保守・点検を行いました。

パーツごとにばらし、ひとつずつ丁寧に洗浄。経年とともに傷んだ箇所の修復も同時に。

大事な作業なので社長が先頭を切って作業開始!

↓ 茶色くなった部分の汚れを落として白くしていきます。

CIMG6753

↓ 薬液をよく落として

 

CIMG6742

 

↓ 天日干し

CIMG6744

↓ 傷んだ箇所の修繕

 

CIMG6758

この機会に祭壇のパーツを入れ替えてより良い形にしていきます。現状に満足せず改善改善!

 

DSC_0586

CIMG6763

ひとつひとつパーツを確認して作業完了!

特殊な薬液を使っての洗浄になるのでゴム手袋が必須!!

ワイシャツで作業していたスタッフの上半身は黄ばみに黄ばみを重ねて再起不能に。

退勤後にワイシャツを求めてユニクロへ駆け込んだそうです。(笑)

 

御葬儀の際に使用する備品はもちろん、車や祭壇も下手なものは出せません。

スタッフが一丸となって日常的に管理をし、今後も誠実に御葬儀に関わっていきたいと思います。

2016.07.30 Sat

2016年7月29日

こんにちは。

ついに関東も梅雨が明けましたね。

梅雨明け早々に蒸し暑い夏らしい気候となってきました。

夏の風物詩、守谷は本町の八坂神社祭りも明日に近づく本日。

今年も周辺道路の草刈りを致しました。

DSC_0471

アスファルトの隙間を縫って限られたスペースに生えている草たちは逞しいですね。

そんな彼らに真夏の熱波の中、戦いを挑んで一時間と少し・・・

DSC_0470 

一つの戦いが終わりを迎えました・・・

DSC_0472

・・・刈ることもさることながら刈った草たちを集めるのが何よりも実は大変でした。(笑)

 

近くに御寄りの際はどうぞ道路をご覧ください!

きっと綺麗になっているはずですよ!見ていただきたいので

今回はあえて写真を載せないでおこうと思います(笑)

来年のこの時期も、少しでも地域のお役に立てるよう続けてまいります。

暑い日が続きますので、皆様お体には十分ご注意くださいね。

2016.06.21 Tue

花環無料でお譲り致します

7尺アルミ製です。

上部の花環部分のみ、お譲り致します。

ご希望の方は守谷葬儀社までお気軽にお問い合わせください!!

TEL:0297-48-5162

 

 

 

2016.06.20 Mon

物故者供養 2016年6月20日

 

 

こんにちは

本日は、毎年恒例の物故者供養を弊社式場にて行いました。

お葬式でお経を上げた方でも成仏できない方はいらっしゃるかもしれません。

お世話になった方、大切な方が天寿を全うした後でも道に迷ってしまうのは悲しいこと。

物故者供養は、そういった成仏出来ない方、無縁仏、ありとあらゆる方々を供養するための慰霊祭です。

 

CIMG0189CIMG0193

社長以下、従業員も全員参加でお焼香させて頂きました。

 

ときに、お葬式の形はどんどん変化しているこのご時世。今や、全国のご葬儀のうち6件に1件がお葬式をせず火葬するだけだそうです。

 

 お寺に檀家さんからこんな相談がありました。

「通夜を行わずに一日葬をしたい。周りの人もそうしている」と。

対してご住職は

「お通夜をやらないならそうすればいい。ただ、通夜をやらなくても私はお経を上げに行く」

そう答えたそう。

お通夜や葬儀は、故人のために行う儀式。

お通夜の晩にする通夜振る舞いは、故人を偲び、思い出話などをしながら食い別れをする最後の夜。

二度と来ない大切な夜。

それを周りがそうしているからうちもそうする。まして、故人のためにする儀式を自分たちの周りの流行によってやるやらないを決めるのは、故人に対して失礼だ。

 

葬儀の形は変わっていきますが、葬儀の歴史と本質は変えられないし変えてはいけないものだと痛感するお話しでした。

CIMG0194

 

 

↓ 式場に置いてある故人に宛てるメッセージカード。

CIMG0195

ご葬儀の在り方は良くも悪くも、変化します。

そんな中、小さくても心あるアイデアや変化なら取り入れていきたいですね。

2016.04.30 Sat

2016年4月30日

こんにちは。

昨日は凄い風でしたね。

明日から暑くなるみたいですよ~。

最大で10日間になるGW

みなさんはどうお過ごしですか?

いいお天気ですと気分がいいですね。

当式場から外が見えるのですが、そこには竹が生えていて、タケノコが掘れるんです。

放っておいたらタケノコが長くなっていました。ここまで延びるとタケノコではないですね…。

DSC_0230